導入例

互近助ガーデン

毎週金曜日の朝、逗子市うみのじどうかんにて開催。

園芸療法士の指導の下、太陽の日差しを浴び、土に触れて、耕し、育て、収穫したものを共に頂きながら多世代コミュニケーションを図っています。

現在の参加者は、1歳~88歳。

施設に於ける園芸療法

毎月第3木曜日、葉山オハナデイサービスセンターに於いて園芸療法を行っています。園芸療法士の指導の下、土づくりから植物を育て、収穫。季節の植物を使ったクラフト作成、歌、手遊びなどを行います。プログラムには、リハビリも含まれています。ご家族同伴のオレンジカフェ開催時には、ご家族様向けに養生マッサージも行っています。